スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


熊の胆を買うな
自分は漢方の熊の胆というものを飲んだことがない。
なんか高級そう、というイメージしかなかった。
二日酔いや胃の不調には、いくらでも効く健康ドリンクや胃腸薬が売られているから、わざわざ熊の胆に興味を持つこともなかった。

だが漢方薬局に行けば、熊の胆というやつは普通に売られている(らしい)。
そしてその熊の胆がどのようにして生産されているのかを、自分はつい最近、初めて知った。

それはあまりにも衝撃的で、本当に行われているのかと思うと心の底から怒りが沸いた。

熊の胆(熊胆・ゆうたん)の一番の生産地は中国。
その中国では

「胆汁を取るため生きたままの熊の腹に一つの穴を開け、熊の胆嚢にカテーテルを突き刺して、毎日数回胆汁を取る。
25年間もこの状態で生かされる。
激しい痛みとともに鮮血がしたたり落ち、熊は凄く苦しく雷のように叫ぶ。
しかし鉄のベストを着ているため、動くこともできない。
コストを節約するために、熊に麻酔剤を使っていない。」

のだという。
そしてその輸出、消費を支えているのは他でもない、日本なのだ。

記事詳細はこちらのリンクから。
http://ameblo.jp/yayamin/entry-11758856138.html
ショッキングな写真も多数掲載されている。

あまりの苦痛に、食事を拒否し自殺する熊もいるという。
野生の動物が自殺するのは、相当に極限状態だといわざるを得ない。

現在、イギリスなどの動物愛護団体が業者や中国政府に働きかけをし、熊の救出に尽力しているという。
だが業者から熊を「買い取る」という方法で、業者は値を吊り上げてきて救出に難航しているらしい。

個人的に思うのは、お金で買うという方法は業者に味をしめさせるだけで、解決にはならないのではないか。
(しかし今、他に方法がないということなのだろう)。

やはり最大の対抗策は「買わない」ことだ。
売れない、消費されないものであれば、商売は成り立たない。

熊の胆の有効成分は現在、化学合成が可能になっている。
高級感、効きそうというイメージだけで、この残虐行為に加担し続けてはならない。

声を大にして言いたい。

知った以上、今後一切、熊の胆を買うべきではない!

スポンサーサイト
第1804回「カレーに入っている具、何が好き?」
カレーの具。
定番で言えばもちろんニンジン、ジャガイモ、玉ねぎ、なのだろうが、好きか?と言われると好きも嫌いもない、という気がしてしまう。

ではカレーの具として他に追加したくなるもの、と言えばなんだろう。

まず浮かんだのがナス。
とろんと溶けかけなのがいい。

そしてトッピングと言えば外せない、チーズ。
最近ではカレー専用の粉チーズなるものも売っているらしい。
自分は粉チーズよりも細かく刻まれたとろけるチーズの方が好みだ。

野菜不足が気になるときはホウレンソウ。
これもシャキシャキよりは少し柔らか目が好きだ。

と考えると、自分の好きなカレーの具は、ルーに溶け込むとろける感のあるもの、なのだろうな。

FC2 トラックバックテーマ:「カレーに入っている具、何が好き?」




02/01. 07:00 [ 雑談 ] CM0. TB0 . TOP ▲
ラクトフェリンを調べてみた
自分は以前、病院に入院していたときに、便通に悩まされたことがあった。
そのとき看護士に勧められたのが病院内の売店で売っていた「お通じのヨーグルト(看護士がそう呼んでいただけで、商品名ではない)」。
そのヨーグルトにはラクトフェリンというタンパク質が入っており、確かに自分の便通を改善してくれた。
以来、退院してからもこのヨーグルトを食べている。

ところで最近、このラクトフェリンという物質がテレビで紹介をされていた。
それによれば、ラクトフェリンには整腸作用の他にも色々な力があるらしい。
http://www.m-lf.jp/qa.html

そもそもラクトフェリンとは、人の母乳(特に初乳)や牛の乳に含まれるタンパク質だという。
抵抗力のない赤ん坊をウィルスなどから守る作用を持つ、と聞けばなるほどと思う。
今現在の研究結果としては、

整腸作用(ビフィズス菌を増殖させ、下痢、便秘などを緩和し腸内環境を整える)
免疫機能調整作用(ナチュラルキラー細胞を活性化させ、インフルエンザ、ノロ、ロタ、その他ウィルスを不活化させる)
抗菌作用(ピロリ菌等の減少、歯周病菌の抑制、胃がんや食中毒の予防)
鉄吸収調節作用(貧血の改善)
抗炎症作用(大腸炎の改善)

などがわかっているという。
C型肝炎にも一定の効果があるとされ、今後はインターフェロン治療に替わるものとして研究が進められている。

健康維持にと注目度が上がっているラクトフェリン。
サプリメントなどの形でもさまざまなメーカーから発売されている。
が、自分は、急を要する場合かどうしてもサプリでなければ摂れないものでなければ、極力食材から摂りたい主義だ。

インフルエンザやノロウィルスなどが流行り始めるこの季節。
先日来予防注射というものに疑問を持っている自分としては、これからはますます、ラクトフェリンの入ったヨーグルトが欠かせない存在になっていくと感じている。


第1788回「冬の花といえば何ですか?」
冬の花、と言えば寒椿。
深く降り積もった白い雪の中でそこだけ赤い色彩を放つ風景…

というのが頭に浮かぶのだが、これはあくまでイメージ。
実際にそういう光景をみたことがあるわけではない。

ツバキの北限は青森県のようだから、きっとそのあたりであればそんな風景を目にすることができるのだろう。


FC2トラックバックテーマ 第1788回「冬の花といえば何ですか?」



12/16. 06:59 [ 雑談 ] CM0. TB0 . TOP ▲
それでもインフルワクチンを信じられるか
インフルエンザを始めとした各種予防接種について、否定的な意見があることは漠然と知っていた。

だが、改めてインフルエンザワクチンの中身を知ると、とても受けたい・受けさせたいとは思えなくなってくる。

まとめ記事「インフルエンザワクチンは打たないで!常識は嘘だらけ」
http://matome.naver.jp/odai/2136722192815769401

ワクチンの成分中にはホルムアルデヒト、有機水銀、アルミニウムが使われている。
それだけでも、ぞっとする。

自分が子供の頃には学校で集団予防接種をしていたのに、なぜしなくなったのだろうと思っていたのだが、要は費用対効果がないつまり「効かないから」やらなくなったのだ。
つい最近まで、
「昔はインフルエンザの流行期になっても、こんなに学級閉鎖は頻繁じゃなかったような気がする。
これはきっと集団予防接種をしなくなったことでかかりやすい子が増えたからではないか」
と勘違いをしていた。

むしろ逆だ。
幼い頃からワクチンを打ち続けていたから、自身の抵抗力がなかなか育たず、かかりやすい子が増えたと考えることもできるだろう。
記事の中に出てくる「あなたの周りに、毎年打っているのに毎年罹患する人はいませんか」、に思わずいるいる、と言ってしまった。

また学級閉鎖に関しては、昔と違い1クラスの人数が少なくなったこともあるだろう。
クラスの3分の1が罹患して欠席をしたら学級閉鎖、なら、クラス全体の人数が45人学級なら14~15人休まねば閉鎖にならないが、25人のクラスなら8人休めば閉鎖になる。

実際のところ、自分はもうかれこれ20年以上インフルエンザの予防接種をしていない。
だが一度もかかったことはない。
インフルエンザ脳症が心配という声もあるが、脳症とインフルエンザの関係性はまだ証明されていないという。
お年寄りに多い流行期の肺炎による死亡、も、インフルエンザから肺炎を引き起こすのではなく、多くはインフルエンザによって気管が狭まり、誤嚥性肺炎を起こすことが原因だという。
であれば、インフルエンザ以外の風邪でも同じということだ。

風邪を一生引かない人はいない。
結局はふだんの基礎体力作り(睡眠、栄養、運動)に勝る予防法はない、ということなのだろう。

(さて、こんなにも「危ない」ワクチンが何故使われ続けているのか、ということを考えたとき、お金の姿がチラチラと見え隠れする。
審議中の秘密保護法案は、こうした情報も「秘密」として封じ込めることがあるのだろうか?)

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。