FC2ブログ

地震の記憶

青空のハート


北海道の地震、アオの家も揺れたよ。
けどケガとか大きな被害は無かった。
友達とか心配して連絡くれたりして、一人じゃないんだって思えたのは気持ち的に大きかったよ。
みんな、ありがと!

関東育ちだからか、これまで大きな地震が来ても被害らしい被害を受けた記憶がないからか、震度4くらいまでは全くなんとも思わないんだ。
昔も今も、住んでる家の地盤が固いところだっていうのも大きいかな。

アオの実家のある団地の棟は、施工業者の腕前がビミョーで(それかバブル絶頂期のニュータウンだから、工期を急ぐあまりの突貫工事だったのか?)築数年のころから壁から水がしみ出したりとか、いろいろあったのね。
でも地盤だけはしっかりしてるみたいで。
大きめの地震で学校の友達の家では物が倒れて落ちたり壊れたりしていても、ウチはなーんにも倒れていない、なんてのはいつものこと。
地盤の固さって、ありがたいなって思ってた。

今、住んでる北海道の家も地盤は固いところで、それなりに揺れたわりに小さな飾りが2~3個倒れただけで他には被害は無かった。
ホント、ありがたい。

停電はね、ちょっと長かったな。
関西の台風で停電になってるトコに比べればかわいいもんだけどね。
冷蔵庫のお肉が融けちゃったから、お庭でバーベキューした。
夜は天の川が見れたよ。
けどやっぱり明かりの無い夜は心細いね。

全国の災害地域が、一日も早く平常を取り戻せますように。
(東日本大震災の被災地だって、まだまだ復旧しきってないもんね…)

こまりごと。

数日前。
突然、弁護士名で封書が届いたの。
前にお仕事でお付き合いのあった人。

お互いの話し合いと合意の上でいろいろやってきたはずなのに、
関係を解消してから半年ちょい、
なんの予告もなしに内容証明郵便だって。

誰かにそそのかされたのかな。
この弁護士が勝手にやったのかな。

そんなふうに疑いたくなるくらい、アバウトで突っ込みどころ満載の内容。
でも本人に確認したくても
「本件については弁護士へ問い合わせろ」
って書いてあるから、できないのよね。

アオとしてはね。
一緒にやり始めた時から、相手の意思を尊重して、
要望があれば最大限に協力して、
お互いに成長していける努力をしてきたつもりだったんだけどね。
言いたいことがちゃんと言える環境もあったはずなんだけどね。

関係を解消するってのも相手の希望で決まったことだしね。

なのにこの展開…正直、残念のひとことだよ。

結局はお互いの意思の疎通ができてなかったってことかな。
相手方からアクションしてきた以上、こちらもリアクションしないわけにいかないもんね。

さて、あの支離滅裂な要望書、どこからどう対応していこうかしら。

お天気

関東地方は大型台風、
北海道は雪。

10月の下旬、で考えるとどっちも…
変な天気。

どこも被害が最小限で済みますように…

抱っこ。

トラバテーマから。

「幸せを感じる瞬間」。

それはもう、コレしかないよね。

「娘をぎゅー♪っと抱っこしてる瞬間」。
もう赤ちゃんじゃないからさ、人前でぎゅーってできる年齢でもないのだけどね。
でもおうちではぎゅーって抱っこするよ。
ほっぺたすりすりもするよ。
かわいいもん。

今しか、できないもん。

もうあと何年かな?
あと何回かな?

とか考えるとちょっぴり切なくなるくらい。
だから今、できるうちに、いーーーっぱいぎゅーってしておくんだ。

大人になった娘が、そこから伝わるぬくもりをココロのどこかにしまっておいて、
辛くなった時に「一人じゃないんだ」って思ってくれたらいいな、って。
そんな願いを込めながら。


FC2トラックバックテーマ 第2329回「幸せを感じる瞬間はいつですか?」

りゅうさん


街角で、劉さんに似た人を見かけた。
アオの知っている劉さんは15年前の姿だから、本人であるはずはない。

劉さんは中国からの留学生。
アオが最初に働いていた夜のお店の、厨房をやっていた。

日本語は片言。
英語も片言。
アオの英語も片言。

だから身ぶり手振り、たまに漢字の筆談での会話。

喜怒哀楽のハッキリした人だったけど、笑ってることが多かった気がする。
日本語が通じにくいからお店の女の子は敬遠してた。
でもアオは片言同士の会話でも楽しくて、仲良くしてた。

北京大学に行ってた、それ以外は何も知らない。
北京大学の話だって、本当かどうかわからないけどね。

水商売だもの。
お互いにね。

アオがお店を辞めて会うこともなくなって、それっきり。
たまーに思い出す。
わりとイケメンだったよ(笑)

劉さん。
今どうしてるのかな?
元気でいるといいな。

ふと思い出した雨の夜。