生まれた日

アオが生まれたのは3月。

母さんは経産婦。
前回は帝王切開。
なのに二人目になるアオの時は普通分娩て、今だと考えにくい気もするけれど。

なおアオの兄にあたる赤ちゃんは、1000g未満の超未熟児で、生後数日で亡くなっているから、アオは会ったことはない。
けど、自分の肩にはいつも兄ちゃんがついて守ってくれてる。
ずっとそう感じている。

アオは3,500g超の大きめで、健康に生まれた。
暗い分娩室で、一人でうんうん唸って、
生まれて取り上げられたらすぐ別室で、
ぽつーんと分娩室に残された時は妙に虚しかった、と母さんは言ってた。

昭和50年代だものね。
今とはいろいろ、違うよね。

とにかくこうして、アオはこの世に生を受けた。

続く。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する