グチ


たぶん、グチなんてつもりはなかったんだと思う。
いわゆるママ友的お付き合いが苦手だった母さんにとっては(アオもママ友コミュニティとか全力で避けるけど!)
ダンナさんのことをポロっとグチれる相手はアオしかいなかったんだろうね。

父さんはいつもやりっ放し
父さんはいい加減なんだから
父さんは…

母さんにとっては、愛情もこめた、ほんのちょっとした息抜き程度のグチだったと思う。
でもね。
幼稚園児にはそんなことはわからない。
言葉を額面通りに受け取ってしまう。

一番近くにいる母親を困らせるヨクナイ父親。
母親と子供らが結束を高めて父親が疎外感を深めていく、
世間によくある典型的な構図。

アオも例外じゃあなかった。
母さんの口まねをして、
「これだから父さんは」
って生意気に責めるよね。

口は達者な方だったし。
お陰でのちのち父さんには、
「お前がかわいかったのは五歳までだった」
と言われたわ。

それね、世間でもよくあるパターンだよね。
そしてそれがやがて父親が家に寄り付かなくなる原因にもなってるよね。

そう思ったアオは妊娠したとき、子供の前では絶対にパパのグチや悪口を言わないぞ、って決めたんだ。
だって自分の子供に、自分の父親を疎ましく思われるのがイヤだったんだもん。
今のところなんとかうまく行ってるかな。
娘はパパを批判するような生意気な口はきかないよ。

そんなアオの物語、まだまだゆるりとお付き合い下さいな。

続く。

ピアノ

幼稚園に入る前のことだったかな。

母さんと父さんに聞かれた。
「バレエとピアノ、どっちをやってみたい?」

ずっとピアノに憧れて、自身が習いたかった母さん。
舞台が好きで、女の子ならバレエをやらせてみたかった父さん。

アオ自身は、バレエはテレビで見たことがあったくらい。
ピアノは、母さんが通っていた文化教室の中にヤマハ音楽教室があって見かけていたから、少しはなじみがあった。

そしてアオは「ピアノ」と答えた。

通い始めたのはなじみのヤマハ音楽教室、幼児クラス。
ソルフェージュ、音や歌に親しみを持つことから始まった習い事。
おかげで耳は鍛えられて、今でも音を聞けばメロディを再現するくらいはできる。

アップライトのピアノも買ってもらった。
音楽は好きになったけど、毎日の練習はなかなか取りかからなくて、いつも怒られてたな。

あの時「バレエ」と言っていたらどうなっていたかな。
たまに、考える。

そしてン十年後に、自分の娘がバレエを習いたいと言い出したのも、なにか縁みたいなものかな。

そんなアオの物語、まだまだゆるりとお付き合い下さいな。

続く。

園バス


早生まれのアオが4歳になってすぐ、隣町にできた新設の2年保育の幼稚園に入園した。
写真を見ると、園庭や遊具はまだ一部工事中みたいな、
本当にできたてほやほや感満載の幼稚園だったな。

徒歩で行ける距離ではなかったので、通園は園バス。
住んでいた団地のすぐ外側を走る道に、毎朝近所の子たちが列を作ってバスを待っていた。
それだけ同年代の子供の多い地域だったのね。

アオは…
バス停まで1分の距離だったのに…
毎朝のように遅刻スレスレ。

「アオイちゃん、バス来てるよバス!」
とお友だちのお母さんが呼びにくることもあったぐらい。

夜もちゃんと遅くない時間に寝て、朝も起きているのに、アオはとにかく身仕度がトロかったんだね。
と思って来たのだけど。

自分が子育てを始めてから、もしかしたらあれは自分がトロいからだけではなかったのかも?と思うようになった。
トロい子なら、それを見越して起こせばいい。
自分で自分のことをやらせる方針なら、なおのこと余裕をもって声かけをすればいい。

なのにいつもギリギリになって急かすはめになるのなら、それはそもそも起こす時間や声かけが足りないのではないか。
自主的、を言い訳にした放置?

と感じたのは、アオの、娘に対する我ながら理不尽な急かしかたを省みて、のこと。
ごめんね娘、と内心思った時に、もしかしたら子供の頃の自分も似たような環境だったのかも、と思った。

そしていまだに、ギリギリで走り続けている生活なのよね(笑)

三つ子の魂百まで。

そんなアオの物語、まだまだゆるりとお付き合い下さいな。

続く。

大人になるのはイヤだなあ

「夕飯、なにがいい?」
アオはよく母さんに聞かれた。

でも幼い子供のレパートリーなんて少ないじゃない?
アオはいつもエビフライ、って答えて却下されてた気がする(笑)

そういえば少し前に、奥さんが旦那さんに「夕飯は何にする?」と尋ねる時は、単純なメニューのリクエストを聞いているわけではない、なんて記事を見た。
奥さんが求めているのは
「冷蔵庫の中身や家人の昼間食べたメニューとのバランス、コスパなどを総合的に考えて、メニューを考えるという労力を、一緒に分かち合ってくれること」
なんだって。
結構納得。

まあ、母さんが子供のアオにそこまで求めていたわけではないだろうけど。

でも毎日、ため息をつきながら夕飯のメニューを尋ねてくる母さんをみて、
アオは大人になりたくないなーって思ってた。

少しだけ大きくなってから母さんにその話をしたら、
大丈夫よ、アオが大人になる頃には「ご飯だよー」って目の前に出されるお皿には、ビタミン剤みたいな粒がコロンと数粒転がってて、それでご飯はおしまい、って世の中になってるから。
と言われた。

それを聞いて、本当にそうなって欲しいなーと思っていた。
母さんは、基本的に食というものに興味がなかったのだろうね。

そんなアオの物語、ゆるりとお付き合い下さいな。

続く。

布オムツ

アオは布オムツで育てられた。
母さんの方針で、紙オムツだと濡れた感覚がわからなくてなかなかオムツ外れが進まないから、という理由だったみたい。

けどアオは、2年保育の幼稚園に進む頃になっても時々間に合わなくて漏らしたし、
おねしょも毎晩のようにしてた。

お洋服や夜のシーツの洗濯とか、それだけでもストレス値アップだっただろうなぁ。
おねしょに至っては小学校3年生になっても治らなかった。

おねしょやお漏らし対策に、夕飯の時にはお水やお茶は出なかった。
この水分不足が別のところに後々影響してたから、バランスって本当に難しいよね。

補足するとアオのおねしょは病的なものではなく、
内蔵の発達が少し遅かっただけみたい。
そしてこの成長曲線は遺伝もあるんじゃなうかな、と思うよ。

そんなアオが4歳の時、隣町に新しい幼稚園ができた。
アオや近所の子は、その幼稚園に通うことになった。

続きはまた。
ゆるりとお付き合い下さいな。

つづく。